皺ができる前に先手を打つ?

以前、ホンマでっか!で美容整形について取り上げていたのですが、その中で、気になることを話していました。皺などができる前に、手を打つ必要があるということです。30代に入って、シワが気になるキーワードになってきました。同世代の人を見るとやはり目じりに皺ができ始めています。目じりに皺ができているだけで、随分老けて見えるように思います。目じりだけでなく、ほうれい線もくっきりしていると年齢がぐっと上に感じます。自分も今はまだ皺が目立っていませんが、その内気が付かない内にくっきりと刻まれてしまうのではと不安な気持ちがあります。皺ができないために、顔のエクササイズやスキンケアを丁寧に行うようにしていますが、番組を観ていたら今手を打っていた方がいいのかなと思うようになりました。番組でお話をしていた先生は、若いのにすでに自分で注射を打ってケアをしているそうです。皺が刻まれる前に行っているので、年齢以上に若い印象がありました。先生は確か30代だったはずですが、20代にしか見えませんでした。きっとこの効果はもっと年齢を重ねた時にはっきりと分かるのでしょうね。50代になった時も若々しくいるためには、今から美容外科の技術に頼るという方法もあるのかなと感じました。